広告メディアはビジネスの収益向上に欠かせない媒体

連携できるメディア

ネットワーク

制作会社に依頼する

ネイティブアドを広告メディアの活用に導入するためには、日本においては制作会社に依頼することが多いです。
その理由として、ネイティブアドの枠にマッチしたコンテンツを自社で生成するよりも、専門家に任せたほうがより訴求力が高いものを作ることができることが多いことが関わっています。
そして、制作会社に依頼することができるネイティブアドの手法として代表的なのは、ソーシャルメディアを連携できるメディアとして活用しているパターンです。
ツイッターやフェイスブックでたくさんのユーザーを獲得しているアカウントを保有している専門家に相談をすることで、そのアカウントを経由してたくさんのユーザーに対して自然な形で、伝えたい情報を告知できます。

SNSの強み

ネイティブアドにツイッターやフェイスブックのタイムラインが活用される理由に、ユーザーにとって有益な情報ならば自然と拡散されて伝播するという能力がある点を見逃すことはできません。
もちろん、自社アカウントで有益なコンテンツをSNS上に公開すれば、多少の拡散力は生まれると考えられます。
ですが、その拡散力は発信者のアカウントがどれだけフォローされているかによっても変化します。
元のアカウントが多数のフォロワーを保有しているならば、自然とその情報の有益性は高まり、一般のユーザーに共有されやすくもなります。
そこで、多数のフォロワーを保有しているアカウントが情報を提供することによって、有益な情報は拡散されやすくなり、ますます伝わりやすくなります。
ネイティブアドを提供できる専門家のアカウントを活用することで、有益な商品をさらに告知する能力が高まります。